更新日:2022年7月4日

【不倫・浮気】サレ妻(サレ夫)が離婚する前にやるべきこと


「サレ妻」とは、浮気されてしまった奥様のことで、「サレ夫」はその逆になります。

パートナーに浮気されて心を痛めている方も少なくないと思います。

もし、パートナーの浮気が原因で「離婚」を考えているなら、離婚する前にやることが一つだけあります。

それは「持ち家」の価値を調べることです。

なぜなら、相手の浮気が原因で離婚する際は「財産分与」を行う必要があるからです。

持ち家は共有財産であるため、たとえ相手方の名義であっても離婚する際はその価値の半分を請求することができます。

慰謝料と財産分与で得たお金があれば、当分の間は生活資金に困ることがありませんね。

相手の浮気が原因で離婚する際は、財産分与で大損しないためにも、今現在の家の価値を自分で調べるようにしましょう。

相手任せにしていると騙されて(家の価値が低いと)大損してしまう可能性があるので、家の価値は必ず自分で調べるようにしてください。

とはいえ、家の価値なんてどうやって調べればいいの・・・?

ご安心ください。

以下の無料シミュレーターを利用すれば、誰でもかんたんに家の価値を調べることができます。

使い方はとても簡単で、以下のように質問に回答して行くだけになります。

※無料シミュレーターで行う査定は売買契約ではございませんのでご安心ください。

入力は1分程度

完全無料で24時間全国に対応しているから日中は忙しい人でも大丈夫

査定結果は利用した人だけに通知されるから誰にもバレないから安心。

24時間・全国対応・完全無料

家の価値は分かりましたか?

家の価値が3,000万円なら、1,500万円ずつの財産分与になります。

たとえ家を売却しない場合でも、半分の1,500円を受け取る権利があります。

 相手方が勝手に調べた家の価値に騙されないようにしてください。本当は3,000万円の価値があるにも関わらず、2,000万円と偽って1,000万円しか受け取れない場合もあります。離婚してから気づいても財産分与は成立しているので請求することができません。この場合は500万円も大損してしまいますのでご注意ください。

>>今すぐ無料で家の価値を調べてみる

住宅ローンが残っている場合


住宅ローンが残っている場合は、家を売却したお金で返済するか、どちらか一方がローンを払いながら住み続けるかのどちらかになります。

家を売却したお金で住宅ローンを返済する場合は、余ったお金を財産分与で分けます。

例えば、住宅ローンの残債務が2,000万円で売却価格が3,000万円だった場合は、残りの1,000万円を夫婦で500万円ずつ分けます。

離婚する際は、ほとんどの方が家を売却します。

ある事情で家を売却できない場合であっても、財産分与で査定額の半分を受取る権利はあります。

たとえ100万円でも財産分与で得たい、財産分与で大損したくないと言う方は、自分で家の価値を調べるようにしましょう。

24時間・全国対応・完全無料

夫名義の家に妻が住み続けるのはNG


よくあるパターンで、夫名義の家に妻と子供が残って住み続ける場合は注意が必要になります。

なぜなら、住宅ローンの契約違反になるからです。

つまり、夫(名義人)が住んでいない事実が金融機関に発覚すると、住宅ローンの残債額を一括返済しなければならなくなります。

また、夫が住宅ローンの返済を完済(仮:35年間)するまで支払い続ける保証はどこにもありません。

仮に5年後に失業や減給、再婚などの理由で返済不能となり、住宅ローンの滞納が続くとそのうち競売にかけられ強制退去となり、残った妻と子供は住む場所を失ってしまいます。

このような理由から、離婚する際は家を売却する人が多くなります。

家を売ってきれいさっぱり財産分与して、お互い新たなスタートを切った方が後腐れなく気持ちが良いですね。

いずれにしても、離婚が決まったらまずは家の価値を調べるようにしましょう。

家の価値が分かれば、売却した方が良いのか、名義人が住み続けるのか、今後どうすれば良いのか明確になります。

「今すぐ売るつもりはない」と言う場合でも、事前に家の価値を知っておくことで行動しやすくなりますし、相手に騙されて後悔しないためにも自分で家の価値を調べるようにしましょう。

24時間・全国対応・完全無料