更新日:2021年11月30日

【この記事は3分で読めます。】

【連帯保証人】になって支払いができない場合はどうしたら良い?


「迷惑をかけないから名前だけ貸して欲しい」と言われ、相手を信頼して連帯保証人になったにも関わらず、本人が支払いをせずに音信不通になってしまった・・・

よくあるパターンです。

あなたが「連帯保証人」になっている場合で、突然債権者から返済の請求がきた場合は一括で支払うのが基本です。

なぜなら、保証人になるということは、本人(債務者)と同じ立場に置かれるということだからです。

とはいえ、いきなり債権者から一括返済の請求が来たら誰もが焦ってしまうと思います。

連帯保証人になっている場合で、債権者から一括返済の請求がきたものの支払いができない場合は、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか?

多くの方が勘違いしている実は、、、

本人が自己破産をした場合は連帯保証人も借金の返済義務を免れると思っている方が多いのですが、、、

それは大きな間違いです!

保証人とは、債権者と保証人との本人とは別個の契約によって成り立っています。

つまり、本人が自己破産をすることで、「債権者(貸金業者・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社、カードローン会社)」から連帯保証人に対し『残金を一括で支払え』という請求がくることになります。

「保証人(連帯保証人)」は、本人が借りたお金を全く使っていないにもかかわらず、本人に代わって返済をしなくてはいけないというとても厳しい立場に置かれています。

しかも、一括返済を強いられます!

50万円、100万円、300万円、500万円、1,000万円・・・

借金額はさまざまではありますが、一括返済できますか?

連帯保証人だけど一括返済できない時の対処法


もし、あなたが連帯保証人になっている場合で、突然債権者から一括返済の請求が来たら、まずは以下の無料シミュレーターを活用して、その借金が減額できるか、0円にできるか確認してみてください。

状況によっては、大幅に減額できますし、うまいこと行けばその借金が0円になります。

無料シミュレーターは「匿名」での利用が可能で、完全無料なので安心してご利用ください。

使い方はとてもかんたんで、以下のように質問形式になっているので回答するだけになります。

たった1分、かんたんな3つの質問に回答するだけで、その借金がどれぐらい減らせるかがすぐにわかります。

1分もあれば入力できますので、暇なときにでもお気軽に試してみてください。

完全無料・24時間・全国対応



  診断は相談依頼ではありません。
こちらの無料シミュレーターは、借金が減額できるかをチェックするためのサービスで、専門家への相談依頼ではありません。いきなり専門家に相談するのはちょっと勇気が出ないと言う方のための気軽にできる匿名&無料で利用できるサービスになりますのでご安心ください。もちろん、診断結果を確認してから実際に相談することも可能となります。借金返済の救済制度によりあなたの借金を減らせる可能性がありますので、まずは気軽に無料シミュレーターをお試しください。


よくある質問
夫や妻、家族にバレずに相談できますか?
はい、誰にもバレずに相談することができますのでご安心ください。
カードローンの借金でも減額できますか?
はい、消費者金融や銀行カードローンの借入も減額できる可能性があります。
ショッピングの借入でも減額できますか?
はい、クレジットカードによるショッピングなどの借入も減額できる可能性があります。
ギャンブルで作った借金でも減額できますか?
はい、借金をした理由に関係なく減額できる可能性があります。
個人情報の漏洩が心配ですが大丈夫ですか?
はい、運営会社は司法書士事務所なので、個人情報などの取り扱いに関してはプロフェッショナルですのでご安心ください。

完全無料・24時間・全国対応

無視や夜逃げは何の解決にもならない・・・


あなた(保証人)が代わりに支払いをしているような状況になっている場合は、本人(債務者)が支払えない状態であるということです。

そこで、あなたも支払えないから無視をする、夜逃げしよう、と考える人も居るかもしれませんが、これはなんの解決にはなりません。

無視をしていればいずれ裁判をされ、財産が差し押さえられます。

「差し押さえる財産などない」から安心と思うかもしれませんが、給与は差し押さえの対象となります。

給与の差し押さえが始まると生活ができなくなってしまいます。

さらに、勤めている会社に差し押さえの事実を知られてしまいます。

夜逃げは住民票を移動すれば債権者にバレてしまいますし、住民票を移動しないまま場所だけ移しても新しい職場で住民票の提出ができない、新しく生活する地域で健康保険証を発行してもらえないなど、事実上生活するのが難しくなります。

ですから、無視や夜逃げは得策ではないと言えます。

どうしたらいいかわからない、怖い、だから逃げるのではなく、まずはその借金がどの程度減額できるのか確かめてみてください。

0円になれば超ラッキーですし、大幅に減額できれば払えるかもしれません。

例えば、100万円の借金が10万円に減額できればいかがでしょう?

まだ払えそうですよね?

とはいえ、自分の借金でもないのになぜ自分が苦しまないといけないのか・・・

心中お察しします

しかし、いかなる理由があっても連帯保証人になってしまった以上は現実から逃げることはできません。

残念ですが、「債権者(お金を貸した人)」は、あなた(連帯保証人)が逃げてもとことん追いかけてきます。

ですから、逃げるのではなくその借金を少しでも減らすことを考えましょう。

場合によっては0円にもなりますので、まずは無料シミュレーターでどれぐらい借金が減らせるのか試してみてください。

完全無料・24時間・全国対応