更新日:2022年12月7日

食事制限なしで「尿酸値」を下げるかんたんな方法とは?


健康診断で尿酸値が高いと言われてショックを受けていませんか?

尿酸値が高いと、痛風以外にもさまざまな疾患を引き起こすリスクがありますので要注意です。

当記事では、食事制限やアルコール制限なしで誰でもかんたんに尿酸値を下げる方法をご紹介しますので、尿酸値でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

尿酸・尿酸値とは?

尿酸とは、肝臓で生成される代謝物の一つです。

食べ物に含まれる外因性のプリン体と体内で生成される核酸の分解でできる内因性のプリン体が原料になります。

プリン体は悪という認識が強いと思いますが、実はあらゆる生物の細胞内に含まれる核酸の主成分であり、生命維持には不可欠な物質の一つなのです。

また、最近の研究では尿酸にはさまざまな疾患をもたらす元凶である酸化ストレスから人間の体を守ってくれる作用があることが分かりました。

尿酸値が高いとどうなる?

尿酸の数値が基準値「7.0mg/dL」を超えると異常とされ、「高尿酸血症」と呼ばれます。

尿酸の基準値を超え、血中の尿酸値が高い状態毛継続すると、関節内に尿酸塩が溜まり「痛風発作」を引き起こしてしまいます。

痛風発作とは、急性の単関節炎であり、脚の関節によく起こります。

高尿酸血症は、心血管疾患慢性腎臓病など、動脈硬化に関連した疾患のリスクでもあります。

高尿酸血症の対策

高尿酸血症の対策は、基本的に生活習慣の見直しが必要になります。

医師からは、肉類や魚介類などの高プリン体食やビールなどのアルコールの摂取を控えるように言われます。

とはいえ、その食事制限やアルコール制限は、そう簡単にできるものではありません。

そこで尿酸値でお悩みの方におすすめしたいのがこちらになります。

食事制限やアルコール制限なしで尿酸値を下げる方法


尿酸値対策と言えば、「プリン体」の摂取量だけを意識する人が多く、プリン体0のアルコールや高カロリーな食事を控えたりすると思いますが、それだけで尿酸値が下がると思いますか?

実はプリン体の約7割は体内で作られているので、食事制限やアルコール制限だけで尿酸値を下げるのは非常に難しくなります。

つまり、食事やアルコールだけが原因なのではなく、「肥満」が原因で尿酸値が高くなっている可能性が大きいと言うことです。

30代を超えてくると、どうしても肥満体系になりやすく尿酸値も高くなりやすい体型になってしまいます。

尿酸値が高い原因は食生活だけではなく、実は肥満が大きく関係していたのです。

特に30代では3人に1人以上が尿酸値に悩まれています。

食事から摂取するプリン体よりも体内で生成されるプリン体の方が多いので、食事に気をつけている人でも尿酸値が高くなるケースはあります。

ではどうやって尿酸値を下げれば良いのでしょうか?

最も効率よく尿酸値を下げるには、「アンセリン(機能性関与成分)」が効果的になります。

アンセリンは、食事制限やアルコール制限だけではカバーできない尿酸の生産抑制効果尿酸の排泄促進効果に期待できます。

アンセリンは、プリン体が尿酸に変換されにくい環境づくりと、弱まりがちな尿酸排出力を高めてくれる両方の働きをします。

アンセリンとは?

アンセリンは、動物の筋肉中に含まれている2種類のアミノ酸が結びついた成分になります。

アンセリンには日常的な疲労感や肉体疲労を軽減する効果や、尿酸値を下げてくれる作用があり、痛風の予防、改善効果に期待できます。

アンセリンを効率よく摂取するには?

アンセリンを効率よく摂取する方法は、機能性表示食品が最適です。

機能性表示食品は、本当に効果があるか分からない怪しいサプリとは違い、その効果が科学的根拠に基づいて証明されています。

機能性表示食品とは?
機能性表示食品とは、事業者の責任において科学的データに基づいた効果を表示できる食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などを消費者庁に届け出ています。

アンセリンを効率よく摂取できる機能性表示食品

つらい食事制限やアルコール制限をしなくても、毎日これを飲むだけで効率よく尿酸値を下げる効果に期待できます。

尿酸と脂肪のダブルバスター

▼痛風・高尿酸血症患者専門の医師が監修した機能性表示食品

医師も注目する「ダブルバスター」なら、効率よくアンセリンを摂取することができるため、食事制限やアルコール制限に苦しまずに尿酸値を下げることができます。

>>尿酸と脂肪のダブルバスターの詳細をチェックしてみる

表示しようとする機能性
【機能性表示食品の届け出番号(E786)】
本品にはアンセリンとブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンが含まれます。アンセリンには尿酸値が高め(尿酸値5.5~7.0mg/dL)の方の尿酸値を下げる機能が報告されています。ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンは、日常活動時のエネルギー代謝において脂肪を消費しやすくする作用により、BMIが高め(BMI24以上30未満)の方のおなかの脂肪(内臓脂肪、皮下脂肪)を減らす機能があることが報告されています。
引用元:消費者庁届出情報詳細

ダブルバスターのすごいところは、尿酸値を下げる効果だけではなく、お腹の脂肪を落とす効果にも期待できる点になります。



「ついつい毎日お酒を飲んでしまう・・・」

「ついつい脂っこい食事を摂ってしまう・・・」

と言う方におすすめです。

尿酸の数値を下げてくれる機能性関与成分「アンセリン」とお腹の脂肪を減らしてくれる機能性関与成分「ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン」Wの効果で尿酸値と肥満の悩みを一気に解消してくれます。

ダブルバスター監修者である大山博司先生によると、コロナ禍の今、在宅勤務や外出自粛の影響で「痛風」を発症する人が急増していると言われています。

大山博司先生は、年間延べ18,000人の痛風・高尿酸血症患者の診療を行っている痛風専門の医師になります。

>>大山博司先生監修のダブルバスターの詳細をチェックしてみる

ダブルバスターは、尿酸値と脂肪の両方に働きかける世界初の機能性表示食品として医学誌にも掲載されました。

※アンセリンの尿酸値降下作用、ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンの脂肪消費作用に関する論文掲載。

>>ダブルバスターの詳細をチェックしてみる

尿酸と脂肪のダブルバスターを実際に飲んでみた


私も健康診断で尿酸値が高いと指摘され悩んでいました。

食事制限やアルコール制限をしてみるのですがお察しの通り長続きはせず、3日坊主でした。

そして痛風発作も出ることがなかったので、あまり気にせず放置していると・・・


※画像はイメージです。

暴飲暴食した翌朝、急に足の親指のつけ根が赤く腫れて、今まで経験したことがないぐらいの痛みを感じました。

風が吹いても痛いと言われる意味がこのとき初めて分かりました。

それから私は尿酸値を下げる努力をはじめることになるのですが、案の定食事制限やアルコール制限は長続きしませんでした。

でもこのままじゃまたあの痛みに襲われる・・・
それだけは絶対に嫌だ・・・

そして尿酸値を下げる方法を調べていた時に、ダブルバスターを見つけたのです。

詳細をチェックしてみると、食事制限やアルコール制限が苦手な私にぴったりなアイテムだと言うことが分かりました。

はじめは半信半疑で試してみました。

朝起きてから一日一回3粒飲むだけ。

本当にこんなんで尿酸値下がるのかよ・・・

と思いながら、続けてみました。

食事制限やアルコール制限が苦手な私でもこれなら簡単に続けることができました。

本当に効果があるか分かりませんでしたが、365日間の全額返金保証付きだったので次の健康診断までは試してみようと思い続けました。

そして、翌年の健康診断で驚きの結果を目にしました。

そう、尿酸値が下がっていたのです。

つらい食事制限やアルコール制限をしていないにも関わらず、ダブルバスターを飲み続けただけで尿酸値が下がったのです。

気づいた時にはお腹まわりもスッキリ。

ダブルバスターのおかげで大好きなお酒を我慢しなくていいことに感謝です。

もし私のように尿酸や痛風で悩んでいる方が居るなら自信を持っておすすめしたいです。

ダブルバスターは、効果のない胡散臭いサプリではなく、消費者庁に届け出をしている機能性表示食品になります。

万が一効果がなかっても365日間の全額返金保証付きだから安心してお試しできます。

3ヶ月間、半年間試してみたけど、自分には効果が無かったと言う場合でも全額返金保証の対象です。

ダブルバスターを試してみて自分には合わないと感じた場合は、いつでも自由にやめることができます。

今だけ初回67%OFFで購入可能で、さらにこちらからお申し込みいただいた方限定で、「特別クーポン1,000円引き」を配布しています。

ダブルバスターは定期コースで初回1,980円で購入可能で、通販にありがちな定期継続回数のお約束が無いので安心してお試しいただけます。

商品に自信があるからお届け回数のお約束はございません。

ご満足いただけない場合はいつでも自由にやめることができます。

\お得な1,000円OFFクーポン配布中/

>>ダブルバスターをもっと詳しく見てみる