更新日:2022年8月19日

【令和4年4月~】年金は何円もらえるか?知らないと大損する借金救済制度


どれぐらい年金をもらえるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

残念ながら法律の規定により、令和3年度から原則0.4%の引き下げとなります。

年金とは?

年金には「国民年金」「厚生年金」があります。

国民年金

国民年金とは、「基礎年金」とも言われており、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入している年金になります。

自営業者やフリーランスなど「第1号被保険者」に区分される人は、基本的に国民年金のみに加入しています。

65歳から「老齢基礎年金」として、年間約80万円が生涯支給されます。
※保険料を40年間納めた場合の満額の年金になります。

厚生年金

厚生年金とは、会社員や公務員が加入している「第2号被保険者」に区分される人たちは、国民年金に自動的に加入しています。

国民年金と厚生年金の両方に加入しているため、受け取れる年金の額が多くなります。

65歳から「老齢厚生年金」として、障害支給されます。
※加入していた期間の総月収によって受け取れる金額が決まります。

令和4年4月分からの年金額

令和4年度(月額) 令和3年度(月額)
国民年金(老齢基礎年金(満額)) 64,816円 65,075円
厚生年金※(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額) 219,593円 220,496円
 ※平均的な収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43.9万円)で40年間就業した場合に受け取り始める年金(老齢厚生年金と2人分の老齢基礎年金(満額))の給付水準です。

年金だけじゃ生活できない


年金だけじゃ生活できないなら、自宅(持ち家)の売却を検討してみてはいかがでしょうか?

近年の不動産価格高騰のおかげで、もしかしたら購入時の価格よりも高く売れるかもしれません。

自宅を売却すると住む場所はなくなりますが、最近では老後に備えて小さな家に住み替えをする方が増えてきています。

子どもたちも独立して、夫婦二人だけの生活なら大きな家は要りませんよね?

老後の生活に備えて田舎暮らしをする人や、小さな一軒家に住み替えするのも良いのではないでしょうか?

例えば、今の家が3,000万円で売却できるなら、1,000万円程度の家に住み替えれば手元に2,000万円も残ります。

2,000万円の現金と、年金があれば生活に余裕が出ますし、老後の心配もなくなります。

また、子どもたちに迷惑をかけてしまう心配もなくなります。

もし、家の価値が5,000万円以上なら、手元に大金が残りますね。

あなたの持ち家がいくらで売れるかは査定してみないと分かりませんが、もしいくらぐらいで売れるか興味があるなら以下の無料シミュレーターでチェックしてみてください。

無料シミュレーターの使い方はとても簡単で、スマホで1分、以下のように質問形式になっているので回答して行くだけになります。

※無料シミュレーターで行う査定は売買契約ではございませんのでご安心ください。

入力はたった1分程度で済みますので、暇なときにお気軽にご利用ください。

24時間・全国対応・完全無料

査定結果は出ましたか?

きっと嬉しい結果が出たのではないでしょうか。

>>無料シミュレーターで家の価値を調べてみる

最近は不動産価格が全国的に高騰していますので、売るなら今がチャンスかもしれません。

無料シミュレーターなら1分程で家の価値を調べることができますので、暇なときにでもぜひ試してみてください。

家は、通常は購入してから徐々に価値が下がるのですが、購入時の価格よりも高く売却できるケースも多々あります。

売るなら不動産価値が高騰している今がチャンスです。

今すぐ家を売らない場合であっても、とりあえず今現在の価値がどれぐらいなのか調べてみましょう。

家の資産価値が分かれば老後の不安も少しは解消されるのではないでしょうか。

「査定=売却」ではないので安心してご利用ください。

24時間・全国対応・完全無料