更新日:2022年12月7日

住宅ローンが払えない場合の対処法


住宅ローンが払えないなら、まずは今現在の家の価値を調べてください。

今売ったらどれぐらいの価格なのかさえ分かれば、今後の行動がしやすくなります。

家の価値を調べる方法は「不動産査定」なのですが、査定してもらう場合は一つだけ注意点があります。

「必ず複数社に査定してもらうこと」

不動産査定は会社によって査定基準が異なったり、物件種類やエリアの得手不得手があったり、査定する会社によって大きな差が出るので要注意です。

それを見抜くために、必ず複数社に査定依頼するようにしてください。

例えば同じ不動産を査定した場合でも、このように各社査定額が大きく異なります。

とはいえ、不動産査定はどこに依頼したらいいの?複数って何社ぐらい?騙されないか心配。。。などの不安があるかと思います。

それに一社に査定依頼するだけでも大変そうなのに、複数社に査定依頼するとなると気が遠くなってしまいますよね・・・

しかし、スマホで簡単に複数社に査定依頼ができる無料シミュレーターを利用すれば、たった1分程度で最大6社の査定額が同時に比較検討できます。

無料シミュレーターの使い方はとても簡単で、以下のように質問形式になっているので回答して行くだけになります。

※査定理由は「その他」で大丈夫です。

無料シミュレーターを使うことで、提携各社が勝手に競い合って最高額が出やすくなります。

入力はたった1分程度で済みますので、暇なときにお気軽にご利用ください。

24時間・全国対応・完全無料

 ※無料シミュレーターで行う査定は売買契約(売却)ではございませんので安心してご利用ください。

査定結果は出ましたか?

きっと嬉しい結果が出たのではないでしょうか。

住宅ローンの残債額よりも査定額の方が高ければ、家を売却して住宅ローンを完済しても、数百万円手元に残りますね。

諦める前にたった1分、ぜひ家の価値を調べてみてください。

>>無料シミュレーターで家の最高額を調べてみる

査定額で住宅ローンが完済できる場合は、早めに売却するようにしましょう。なぜなら、不動産の価格はすぐに変動するので、上がることもあれば査定額がガクンと下がってしまう可能性もあるからです。

最近は不動産価格が全国的に高騰していますので、売るなら今がチャンスかもしれません。

無料シミュレーターなら1分程で家の価値を調べることができますので、暇なときにでもぜひ試してみてください。

家は、通常は購入してから徐々に価値が下がるのですが、購入時の価格よりも高く売却できるケースも多々あります。

売るなら不動産価値が高騰している今がチャンスです。

今すぐ売らない場合であっても、とりあえず今現在の価値がどれぐらいなのか調べてみてはいかがでしょうか?

「査定=売却」ではないので安心してご利用ください。

24時間・全国対応・完全無料

査定額で住宅ローンが完済できない場合


査定結果を比較してみて、家を売却したお金で住宅ローンが完済できない場合は、不足分を現金で用意する必要があります。

例えば、住宅ローンの残債が2,500万円で、査定額が2,000万円だった場合、不足分の500万円を補填して住宅ローンを完済する必要があります。

もし、持ち出し資金がない場合は、家を売ることができません。

このような場合は任意売却で家を売るしか方法がありません。

任意売却とは?


任意売却とは、住宅ローンの借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。

住宅ローンを「滞納・延滞」すると、債務者がローンを分割で返済する権利(期限の利益といいます)が失われてしまいます。

そして、お金を貸した金融機関は残っている住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。

 残債務を一括で返済できない場合は、金融機関は担保となっている家を強制的に売却し、その売却代金から貸したお金を回収します。この担保不動産を強制的に売却するのが「競売」です。

そして、競売を避けるために行うのが任意売却になります。

競売になると、裁判所が強制的に家を安く売却してしまいます。

競売で家が落札されると、強制退去になり、住む場所を失うことになり、多額の借金(住宅ローン)だけを抱えることになります。

競売で家を失っても多額の借金の返済義務はありますので、一生かけて返済する必要があります。

もし任意売却で家を売ることができれば、少額の借金で済みます。

競売はデメリットしかありませんが、任意売却なら被害を最小限に抑えることができるメリットがあります。

競売になる前に、任意売却無料相談窓口などを活用して問題を解決するようにしましょう。

住宅ローンを0円にしてマイホームに住み続ける裏技


勤めていた会社の倒産や失業でマイホームを購入したときと状況が変わってしまい、住宅ローンの返済に悩み苦しんでいる人はたくさん居ます。

上記で説明した通り、住宅ローンの返済ができなくなると「競売」にかけられてマイホームを失うことになってしまいます。

そうなる前に、「リースバック」と言う制度を利用してみてはいかがでしょうか。

今流行りの「リースバック」知ってますか?


リースバックとは、かんたんに説明すると、家を売却したお金で住宅ローンを一括返済し「賃貸」として住む方法になります。

リースバックなら、家を売ることでまとまったお金が一括で入ってくるため資金繰りが楽になるうえ、面倒な引越しや仮住まいも避けることができ、なおかつ現状のまま住み続けることができます。

しかも、将来まとまった資金が手に入った際に再度買い戻すことも可能です。


リースバックを行う6つのメリット

  • 住宅ローンがなくなり一括でお金が手に入る
  • 固定資産税や修繕費が不要になる
  • 引越しや仮住まい費用が不要
  • 誰にも知られずに売却できる
  • いつでも買い戻せる
  • 相続対策ができる

リースバックは、住宅ローンが払えない、家は売りたくない、引越しはしたくない、家を売ったことを誰にも知られたくない、だけど今の家に住み続けたいと言う方にぴったりのサービスです。

特に住宅ローンの返済が苦しいと言う方や、借金がたくさんあると言う方におすすめの方法になります。

とはいえ、どこに相談したら良いのか分からない・・・

大丈夫です!リースバックが可能か調べる方法はとてもかんたんです。

リースバック専門コンシェルジュ家まもルーノを利用すればだれでもかんたんに調べられます。

もちろん完全無料なのでご安心ください。

相談だけでも可能ですし、条件さえ合えばそのままリースバック契約することも可能です。

使い方は以下のようにかんたんな情報を入力するだけです。

リースバックは、専門業者に一括で買取してもらう必要があります。

家まもルーノなら、最大10社同時一括査定だから最高額で買取してくれる不動産業者が見つかりやすいです。

家まもルーノは、コンシェルジュにあなたの要望を伝えるだけで、あなたの代わりに最適な買い手を見つけてくれます。

住宅ローンが払えないけど、家から出て行きたくない、このまま住み続けたいと言う方は、家まもルーノをぜひお試しください。

まとめ

住宅ローンが払えない時の対処法は3つ、売却するか任意売却かリースバックかのいずれかになります。

今後の人生のためにも、競売だけは絶対に避けなければなりません。

まずは今の家の価値を調べる、住宅ローンが完済できない場合は任意売却を検討する、どうしても家を出たくない場合はリースバックできるか相談してみる。

いずれにしても手遅れになる前に行動するようにしましょう。