更新日:2021年9月26日

【この記事は3分で読めます】

【更年期障害】は薄毛の原因?更年期による薄毛の症状について


女性は年齢と共に「思春期→性成熟期→更年期→老年期」と4つのライフステージを経験します。

中でも更年期は個人差があるので一概には言えませんが、一般的に50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経時期の前後10年間を「更年期」と言います。

40歳を過ぎたあたりから卵巣の機能が低下しはじめ、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が急激に減少することでホルモンバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人もたくさんいます。

その中でも特に厄介なのが、いわゆる「薄毛」の症状になります。

当記事では、更年期による薄毛の症状の原因や改善方法をご紹介したいと思いますので、更年期による薄毛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

薄毛は更年期の典型的な症状の一つです!その原因は?


40歳を過ぎたあたりから更年期を迎え、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に減少することで、ホルモンバランスが崩れ、ヘアサイクルが乱れはじめることで薄毛の症状が徐々に表れはじめます。

これが更年期による薄毛の症状の原因で、一度乱れたヘアサイクルを戻すには、しっかりとケアしてあげる必要があります。

ヘアサイクルとは、「成長期→退行期→休止期」と大きく3つに分かれているのですが、このヘアサイクルを正常に保っているのが女性ホルモンであるエストロゲンなのです。

エストロゲンが減少することで、成長期が短くなって早く抜けてしまったり、休止期が長くなって新しい髪がなかなか生えてこなくなったりして薄毛になります。

また、更年期の影響で新陳代謝(ターンオーバー)が低下することも薄毛の症状の原因の一つになります。

10代の頃までの肌は28日周期で生まれ変わっているのですが、50代になると45日となり一気に新陳代謝が低下してしまいます。

さらに紫外線によるダメージからの回復力も低下し、抜け毛の増加に繋がってしまうのです。

ちなみにですが、以下に心当たりがある方は特に更年期に薄毛になりやすい傾向があるので要注意です。

更年期で薄毛になりやすい女性の特徴
  • 不規則な生活
  • 髪を毎晩洗わない
  • 栄養バランスの悪い食生活
  • ストレスを感じやすい
  • 頭皮が硬い
  • 冷え性
  • 無理なダイエットをしたことがある
  • 喫煙している、または一定期間喫煙したことがある
  • お酒をよく飲む(週に5日以上)
  • 髪のブリーチを繰り返したことがある
  • 市販のカラーリング剤で毛染めをしている

更年期に薄毛の症状があらわれやすい女性の特徴は以上になりますが、上記に該当しない場合でも薄毛になる方もいます。

更年期に薄毛になりたくない、なるべく薄毛を回避したいと言う方は以下を参考にしてみてください。

更年期の薄毛の症状を改善(回避)できる?


更年期を避けることはできませんが、薄毛を改善したり、回避することはできます。

特に女性の薄毛の場合は、男性の薄毛とは異なりますので改善しやすいと言えます。

なぜなら、男性の薄毛の原因の多くは遺伝によるものですが、女性の場合は遺伝で薄毛になることがほぼないので改善しやすいですし、回避しやすいのです。

しかも男性の薄毛の場合は、状態が悪ければ悪いほど、年齢を重ねれば重ねるほど改善の見込みがなくなっていきますが、女性の薄毛の場合は年齢や状態に関係なく改善することが可能です。

とはいえ、早めにケアした方が良いのは言うまでもありません。

薄毛の症状が進行すればするほど改善までの期間は当然長くなりますし、抜け毛が増加しで取り返しがつかないぐらいまで薄毛なってしまえば改善しない可能性もありますので要注意です。

つまり、「もしかして薄毛かな?」と感じたり、他人に指摘された場合は一刻も早く改善策を講じた方が良いと言うことです。

ここで言う改善策とは、抜け毛防止と頭皮ケアになります。

女性の更年期の薄毛に効果的な7つの抜け毛予防法について


女性の更年期の薄毛に効果的な7つの抜け毛予防法を習慣化することで、薄毛の症状を改善(回避)することができます。

①タンパク質をたくさん摂る

髪の材料となるのが「タンパク質」になりますので、なるべく毎食摂取するようにしてください。

肉、魚、卵などのタンパク質の豊富な食材を積極的に摂り入れましょう。

②大豆イソフラボンを積極的に摂る

大豆イソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあります。

そのため、大豆イソフラボンを毎日摂取するようにしましょう。

大豆イソフラボン以外にもエクオールもエストロゲンによく似た働きがあり、年齢により減少したエストロゲンを補い、ホルモンバランスのサポートをしてくれます。

大豆製品が苦手と言う方は、エクオールを積極的に摂取するようにしましょう。

>>エクオールってなに?

③規則正しい生活習慣

規則正しい生活習慣を身につけることで、自律神経のバランスが整って、健康な髪が育つ頭皮環境になります。

特に睡眠が重要で、最低でも6時間は睡眠時間をとるようにしてください。

睡眠不足は頭皮環境の乱れに繋がり、健康な髪が育たないので要注意です。

④有酸素運動を行う

有酸素運動と言っても、短時間のウォーキング程度で大丈夫です。

毎日30分ほどウォーキングを行うことで、血行促進に繋がり髪に必要な栄養が頭皮に届きやすくなります。

また、就寝前にストレッチを行うことも血行促進に繋がります。

適度な運動を行うことで、快眠効果もあるのでおすすめです。

⑤喫煙

タバコは血行不良の原因になり、髪に必要な栄養素を頭皮に送り届けることができなくなります。

その結果、頭皮環境が乱れて抜け毛を促進させてしまいます。

喫煙している人は禁煙するようにしましょう。

また、お酒を飲み過ぎている人は、少し量を減らすようにしてください。

⑥シャンプーは毎晩ただしく行う

頭皮は最も皮脂の分泌が多い箇所なので、毎晩きちんとシャンプーを使って洗髪するようにしてください。

シャンプー時は爪を立てずに、指の腹部分で頭皮をやさしくマッサージするようにして洗いましょう。

⑦頭皮マッサージを行う

洗髪後はタオルドライを行い、女性用の薬用育毛剤をつけて頭皮マッサージを行いましょう。

薬用育毛剤は髪の毛に必要な栄養素や頭皮環境を整えてくれる成分や保湿成分が豊富に含まれています。

乾燥した硬い頭皮だと健康な髪が育たないばかりか、ヘアサイクルの乱れに繋がり抜け毛が増加してしまいます。

頭皮の健康を意識して、薬用育毛剤を使って頭皮マッサージを毎日行うことで健康な髪が育ち、薄毛の症状を改善(回避)してくれます。

頭皮環境を整えて薄毛を改善してくれる女性用の薬用育毛剤


上記で紹介しました女性の更年期の薄毛に効果的な7つの抜け毛予防法を、少しずつ習慣化できるようにしましょう。

そのうえで必要になってくるのが、女性用の薬用育毛剤です。

とはいえ、女性用の育毛剤と一口に言っても種類が多すぎてどれを選べばよいのか分からないと思います。

そのため、女性の更年期の薄毛により効果的な育毛剤をご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイントとしては「薬用」の育毛剤を選ぶことと、実際に売れている商品を選ぶことです。

>>最も売れてる女性用の薬用育毛剤をチェックしてみる

こちらの育毛剤は、実際に薄毛の治療を行っている銀座肌クリニックの「美容皮膚科医 百枝加奈子医師」も推奨している薬用育毛剤です。

更年期による薄毛の症状を改善したい、薄毛を回避したいと言う方はこちらの薬用育毛剤を試してみてはいかがでしょうか?

万が一効果がなかった場合でも、今だけ「全額返金保証付き」なので安心です。

薬用育毛剤の効果は、使ってみないと分からないのが欠点ではありますが、返金保証があるので効果を実感しなかった場合や頭皮環境に合わなかった場合でも安心ですね。

育毛剤の効果が不安と言う方こそ、返金保証付きキャンペーン中のこの機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※全額返金保証付きキャンペーンは予告なく終了する場合がありますのでご注意ください。